Topics

結婚式の服装についてー親戚編ー

結婚式に親族として招待された場合、精一杯のお洒落をして、新たな門出を迎えるお二人をお祝いしたいものです。
初めて親族の結婚相手に会う場になることもありますので、華やかなだけでなくきちんとした装いを心掛けることも大切ですね。

女性の招待客の服装は、白色がベースの服は避けたほうが良く、黒色なら光沢のある生地か装飾のついたものを選びましょう。主人公は花嫁・花婿であるため、華やかであっても目立ち過ぎない程度のドレスやスーツで行くのが親族のマナーです。

夫婦は和装や洋装で合わせるといいでしょう。新郎新婦のご両親より格上にならないように、色留袖や、フォーマルな印象のドレスが好ましいとされます。

いとこであれば比較的自由に装えます。未婚女性は振袖、訪問着やセミアフタヌーンドレス、男性ならブラックスーツが一般。年若いいとこならダークスーツやブレザーでもかまいません。

いずれの場合も親族としての立場を忘れずに、上品な装いでお二人を引き立てましょう。