Topics

加工を味方につけて写真を撮るコツ

一生に一度の結婚式、そこに至るまでには長く険しい道のりがあったことと思います。

ケンカをしたこともあるでしょうし、すれ違いを感じたこともあるでしょう。

そんな艱難辛苦を乗り越えて結婚式を迎えるに至ったのですから、
ぜひとも記念写真を撮影し、一つのアルバムに纏めてみましょう。

その際には加工を味方につけてより良い写真にするのですが、
良いところにスポットを当てるため、ピントをあえてぼやかすという方法をとることもあります。

例えば新郎新婦にスポットを当てる為に周囲をぼやかすことで
主役である新郎新婦が鮮明に写せることになります。

写真によっては、新郎新婦もあえてぼかし、二人が持つブーケやキャンドルサービス時の手元などに
ピントを当て、二人が今一つになったのだというメッセージを持たせることも出来ます。

また今までの二人の過去はモノクロにし、結婚式当日の写真をカラーにすることで
今までの道のりを深く味わいつつも挙式当日の華やかさを鮮やかに見せることが出来ます。

伝えたいメッセージを考慮した上で加工を施すことで、
結婚式の記念写真はより深みを持つことになるのです。