Topics

自然な「笑顔」が無敵な理由とは

現在はスマートフォンやデジタルカメラの普及で、大量の写真を気軽に写真を撮るようになっています。

以前は特別なときに撮ることが多く、旅行に行くときや記念日などに撮っていました。

今は友だち同士で気軽に撮り合うようになっていたり、自撮りと呼ばれる自分自身で撮ったりしています。

写真を撮られるのが苦手と感じている人がいますが、その理由は実際の顔と違って見えることがあるからです。

なぜ実際の顔と違って見えるかというと、顔がこわばっていたり、笑顔が不自然になっているからです。

固い笑顔だと後から見ても恥ずかしいということや、後々まで残るものなので綺麗に残したいです。

綺麗に写真を撮られるためには、自然な笑顔でいることが大切です。

爆笑している表情こそ自然な笑顔になっているので、恥ずかしがらずに声に出して笑ってみると自然な顔になります。

雰囲気を和らげられるのはカメラマンの腕なので、被写体の人を楽しませながら写真を撮りましょう。