Topics

下の歯はかくして、下唇をかんでみよう

自信を持って写真を撮影したのに実際に撮影された写真を見て

 

思った通りの仕上がりにならなかった方は

 

意外と多いのではないでしょうか?

 

大抵の人の顔は鏡の前で映してみるのが

 

一番良い表情になると言われており、

 

普段と同じような表情をしたつもりであっても、

 

写真に写った時と鏡に写ったときでは

 

全くの別人に見えることもあると言われるほどです。

自分の一番良い顔を写真撮影の際に映したい場合には

 

上の歯だけ見せて笑顔を作ると

 

とてもにこやかな好印象の写真になりますので覚えておきましょう。

 

大切なのは普段からよく練習をすることです。

 

人間がどんなポイントから

 

作り笑顔と判断するのかは定かではありませんが、

 

少なくとも笑顔の写真を見た時にそれが作り笑顔か自然な物かを

 

判断する能力が人間には備わっています。

 

自然な笑顔に見えるように訓練しておくことは

 

とても大切なことです。

 

上の歯だけを見せて自然な笑顔に見せますと、

 

撮影された写真を見て多くの人が

 

自然な笑顔だと判断するので好印象を与えることができます。