Topics

撮られるときの目線の重要性

写真撮影をするときに、カメラをしっかりと見てしまうと不自然な雰囲気に映ってしまう場合があります。

また、カメラを見ているつもりでも、完成した写真を見てみると、少し上の方を見ているように映る場合があります。

そのような小さな失敗をしないためにも、様々なパターンを試してみることで、良いアングルを見つけることができます。

また、自然な雰囲気を残したい場合は、カメラからあえて視線を外すことが効果的です。

伏し目がちにすれば、しっとりとした女性の雰囲気を醸し出すことができますし、斜め上の方を見上げると、やる気に満ちた元気な印象になります。

このように目力は目線に左右されることもありますので、どの目線はどんな映り方になるのか、試し撮りを繰り返して、自分の納得のいくアングルを見つけてみましょう。

人生で一番輝いている場面を、自分の納得のいく写真で記念に残すことが良い思い出になることでしょう。

構えすぎないで、けれども綿密な試行錯誤の結果を残しましょう。