Topics

カメラに向かう時は、カメラの少し上を見て!

写真を撮ると妙に緊張して表情が硬くなり

カメラを睨みつけていませんか。

ちょっとしたコツを知っておくと

そういった点を改善できるようになります。

まず目線の向け方ですが

レンズを直接見てしまうと、きつい印象になってしまいます。

そんな時には、カメラのレンズのほんの少し上を見ると

自然で優しい印象で映ることができます。

その時小顔に見える様、顎を引いてみましょう。

顎を前に出すと顔が大きく見えるばかりでなく

ちょっと生意気で横柄な印象を与えてしまいます。

また日頃から鏡を見て、自分が良く見える表情などを研究しておくと

突然の写真撮影にも困りません。

ちょっと上目づかいの顔は甘えている印象で可愛いですが

不自然にならない程度に上目づかいになり過ぎないよう注意しましょう。

また、なかなか自然な笑顔が作れない、

目だけ笑って口元が引きつってしまうという人は

大好きな物を思い浮かべてみましょう。

好きな人でも、飼っているペットでも何でも良いのです。

表情が緩んで、自然な笑顔になっているはずです。