Topics

バージンロードを歩くことの意味はご存知ですか?

結婚式をチャペルで執り行う際には、

お父様とのバージンロードを思い浮かべる方も多いと思います。

バージンロードは、花嫁のそれまでの人生を表しています。

扉が開けられた瞬間を新婦が誕生した時と重ね、

お父様に連れられて一緒に一歩一歩、

これまでの思い出を振り返りながら歩きます。

幼稚園、小学校、中学校・・・と今日までの日々と歩みを重ねて、

その先に待っている新郎の元へと歩みを進めて行きます。

そして新郎の元へとたどり着くと、

お父様の手を離れ、新郎の手をとり、新しい人生の幕開けです。

バージンロードには

自分のこれまでの一日一日の人生の歩みが詰まっています。

そんな事を思いながら

一番側で支えてくれた人との歩みはとても重いものです。

ゆっくりと、しかし確実に成長し、

この結婚式という日を迎えられた事を感謝しながら歩むバージンロードは

自分が歩んできた人生そのものでもあり、

これから創り上げていく新郎との輝く未来を表しています。