Topics

式中に意識したい新婦の立ち振る舞い

新婦は何といっても結婚式の主役であり、

最も注目を集める存在ですから

きれいに見える立ち振る舞いを心がけたいものです。

人の姿勢というものは

意識しているかどうかで全く変わってしまうものであり、

また、その姿勢は人に与える印象に大きく影響してしまうものです。

常に正しい姿勢を意識して行動するのは大変なことですが、

一生に一度のお式で一番きれいな自分を

皆さんに覚えてもらうために頑張りましょう。

新郎と並んで歩く際には、

新郎の半歩後ろを歩くことを意識します。

慣れない衣装で

普段よりゆっくり動いているように感じているかもしれませんが、

実際には緊張で結構早く歩いてしまっている方も多いです。

遅いくらいが優雅に見えて素敵です。

おじぎは、足の付け根から上体を折るように

15度程度の浅めにしましょう。

上体は真っ直ぐ曲がらないように意識するときれいです。

一番大変で難しいのは、背筋を背もたれに付けずに座るということです。

本当にこれが一番大変ですが、

きちんとできているかどうかで印象が全く違いますので頑張りましょう。